個人撮影

友人から「ネタが滞ってる!」とご指摘を受けたので、久しぶりの書きこみです。
こんな自己中的で、文章下手の誤字脱字ブログを書いても…誰も読まない。

個人撮影にトライしてきた。
紹介と言う手もあったが、自分なりに連絡を取り合い、撮影してきた。
撮影仲間との、情報交換になると思った。
紹介だと、兄弟とは言えないが、モデルから伝わると恥ずかしいってが本音である。
ヌード撮影に興味のある人なら知ってると思うが、モデルカフェから物色する。
色々な「モデルします」リンクサイトがある。
テキスト形式の募集サイトは見送り、画像付掲示板から選ぶが
やはり、関東に比べ関西モデルは少ない。
同じモデルが、日数を開けて募集している。
後で分かったことだが、リピーターが少ないモデルや、
一気に稼ぎたいモデルは頻繁に募集する。
顔は当然隠されている。
モデル達も、惹きつける宣材画像を出しているのか分らないが
今回はボディラインで選んでみた。
モデル名は「Y子」(仮名)
短文メールは冷やかしが多いらしく、長文にならない程度の
撮影依頼内容、金額と撮影日、簡単なプロフィールを書き、打診してみる。
時間はどれぐらいだろうか?返事が返ってきた。

ヌード撮影は2時間22000円交通費込み カメラ(静止画)撮影
フルヌード撮影 ポーズフリー 接写OKです。

返事としては、必要最小限な事しか書かれていない。
冷やかしが多いから、いちいち構っていられないのだろう。
また、この世界も新人が募集すると、一斉にメールが送られる。
それこそ、撮影者に合わて返事するのも大変だと言える。

とりあえず、撮影の意思があるかないか、撮影日は何時にするのかが一番である。
興味本位で「オプション」のことを聞いたが、明確な返事は貰えなかった。
撮影時の服装は、モデルの手持ち範囲なら合わせてくれる。
撮影金額に加え、場所代が別途必要である。
後、こちらの携帯番号は必ず必要になる。
待ち合わせした場所に、撮影者が来ないのは日常茶飯事。
交通費も使い、待ちぼうけされるのを防ぐ為らしい。
それでも騙される場合があるとか。

撮影場所はこちらで手配しなくてはならない。
手頃な場所として、ラブホテル
一部のモデルを除き、ほとんどのモデルは、ラブホテルでもOK。
ラブホテルは真暗いイメージが付きものだが、シティホテルに近いホテルを選んだ。
モデルも行き付けらしく、良い環境であると聞いた。
料金はサービスタイムを使い、5000~7000円
モデルからの撮影内容の拒否は無く、お互いの撮影日を最終調整した。

撮影当日、待ち合わせ場所に20分ほど早く到着した。
5分前に、モデルから連絡が入った。

モ「今どこですか?」
撮「ホテルの目の前に来てますが…」

人が頻繁に通る立地条件だったので、自分だけ先に入ると言った。
初めてのホテルだったので、部屋を選んでいると、
昼の服装には似合わないモデルが現れた。
予想していたモデルとは全然違う…。
確かに、体系は選んだモデルではあるが、サンプルの輪郭とは違い、
顔はかなり太っている。
眼は腫れぼったく、二重あご。
部屋の選別はまだだったので、選んでいると
モデルは、エレベーター内からこちらを見て「何してるんですか!」と罵声に近い声
尻に轢かれるように(笑)付いて行く。
どうもモデルの体調が悪いらしい…それで機嫌を損ねたか。
部屋に入るなり、モデルが風呂に湯を溜め、ドリンクを注文する。
かなりの期間で募集してるモデルなので、手慣れたものである。
撮影代を先に払い、長い雑談を交わした後、やっと撮影スタート。

だが、普段の撮影会の慣れか、モデルとの歯車が合わない。
お腹が空いたと言い、ホテルの食事をリクエストしたり(当然断った)
撮影してるのに、急に立ち上がりトイレに行ったり
ポーズを維持して欲しいのに、寝ころんで顔を伏せたり
完全にモデルのペースに引き込まれてる。
体調の悪さもあって、やる気は全くない。
かと思えば、素直に聞いたり、思考回路はかなりおかしい。

私も、負けじとばかり、モデルを手なずけるが撃沈。
よく考えれば、撮影会のように注意したり教育したりするスタッフはいない。
モデルは思うがままに、仕事が出来る。
良さを引き出すどころか、人間性の問題。
今回限り、苛立っても仕方無いので、勉強だと思いシャッターを押し続けた。
入浴シーンも、撮影依頼に入れていたので、風呂へ行かせる。

モ「一緒に入ってもいいよ!」
撮「いや、遠慮するわ!」

頭に過ったのは、オプションである。
先に述べてるが、別途料金の答えがない。
こんなモデルに上積みされたら、それこそペースに嵌ってしまう。
案の定、からみを匂わせてきた。

期待させるように「今日は手持ちが少ないから、今度お願いするわ」
「ちなみにそのオプションいくら?」

オナニー3000円/○ェラ5000円/本○5000円
全部トータルすると、部屋代を含めて40000円以上になる。
撮影の進行を来したくなかったので、オナニーをリクエスト。

とりあえず、撮らなきゃ損とばかりに、撮り続けた。
普段なら足らないくらいなのに、長い時間に思えた。
モデルの携帯電話のタイマーが鳴り、撮影は終わった。
ホテル代6500円+オナニー3000円+撮影料22000円
計=31500円

自己責任とは言え、モデルとは思えない容姿に自己嫌悪。
2時間だが、本当に疲れた。
帰って画像を見たが、どれも奇麗で可愛いと思える画像は一つもない。
1時間も経たず、削除したのは言うまでもない。

その夜「今日はありがとうございました。楽しかったです!またお願いします♪」
と、メールが来る。
当たり障りのない文章で返したが、もう二度と会うことは無いだろう。
# by cool_kr | 2007-10-28 23:45

エロは千差万別

ヌード撮影会と言っても、人の観点では違いがある
よく「何処まで撮れる」と疑問を持つ撮影者も少なくはない
だが、主催者の方針によって趣旨もさまざま

「当撮影会は、局部など卑猥な表現と称する撮影は出来ません」
こう書いていれば、芸術系を重視してると取れる
でも、書いていない場合が、ほとんどだと思う
当時、主催者に「エロの区切りはなんですかね?」と聞かれた
問合せとか掲示板とか、もっとも多い質問
価値観によって、エロはエロでも一言では答えにならない
一昔前の「ヘアーヌード」を、今はフルヌードとは言い切れない
今まで色々な撮影者との雑談、または経験のなか
合点は「局部や性を強調した撮影できるか」である

技術や、美を追求する撮影者によっては
「撮影じゃなくおかずじゃないか」と思われる人もいるだろう
だが、そういう趣味の人も多いのは確か
関東の撮影会が急成長したのが、良い例だと言える

以前、事情で辞めたモデルに頼み「どうしてももう一度」と
撮影者の依頼を受けたと聞いた
私もこのモデルを、一度撮影した事がある
ずば抜けて容姿が良いわけでもないが
撮影者を楽しませる姿勢は、群を抜いていた
「遠慮しないで指示してください」
「次はこんなポーズどうですか?」
目のやり場を困らせるポーズも、平気でこなす
アート/エロ/エログロ趣向の撮影者
どのタイプの撮影者に対応できるモデル
40分では足らないぐらいだった
心の底ではどう思ってるか分からないが、営業の仕方は一級品
プロ意識=撮影者を手のひらで転がす
撮影云々より、モデルに惹かれていく
自然と、トップモデルに君臨する

今や、簡単に無修正画像や動画が見れる時代
人々の性に対する価値観の制御が、効かなくなってきてる
我慢することを恐れ、満足感を求める
ヌード撮影会=触れる/性行為が出来るなんて直感で思う人もいる
モデルをまるで置物のように、何でも撮影できると思ってる撮影者
私服&下着に目もくれず「局部」ばかりにこだわり、モデルのプライドを傷つける撮影者
規約も読まず、個室に入ってしまえばこっちのもん欲望丸出しの撮影者 
逆切れして、ある事無いこと風評する撮影者
主催者が防御するが、辞めてしまうモデルも多い

性の反乱と言うべきか…

だが思うに、主催者側が時代のニーズに答えなくてはならないのではないか
撮影者が誤解を招かないようにしたり、モデルの教育や配慮
関東では、出来るモデルを「ポーズフリー」と記載してる
他では「ポーズの制限はございません」「局部撮影不可」などと記してある
「モデルによって異なります」とか
スタジオに入ったら「後はモデルと撮影者でどうぞ!」では、
問題も起きやすいのでは無いか?
風営法や禁止地区の営業、近隣への配慮など
主催者にしか分かりえぬ難しい問題もあると思うが
あからさまに「このモデルはここまで撮れます」と記載するのでは無い
人それぞれのフェチやモデルの許容範囲
モデルだってやってみないと分からないし、嫌になれば報酬が下がる枠に入れればいい
フルヌードだけで、一色に染めるのも問題がある
問合せに対しての、返答もいちいち面倒だろう
中途半端にしているから、色々問題が起きるのでは無いか?

「お前が手本を見せてみろ!」とお叱りを受けそうだが…
# by cool_kr | 2007-03-28 01:26

個人撮影

久しぶりに、カメラ仲間と会った
普段は、オンライン上でしか喋らない
個人撮影に関して、正直興味があったので色々聞いてみた
ノートPCを見させてもらうと、物凄いモデル数
格段に、容姿の良いと思えるモデルは少ないが
歳年齢も色々で、画像を見る限り撮影会モデルと代わり映えしない
今は、4人と定期的に撮影をしているとか
そのモデル達は、元プロダクション所属で
興味本位に募集したら、物凄い応募があり
本業の傍ら、バイトしていると言う
「危なくないのか?」
モデルから聞いた話によると、最初の頃は少々痛い目にはあった
ばっくれ/値切男/ストーカー…
慣れたせいか、最近は対応でわかるらしい
モデル仲間同士で、ブラックリストもあるとか
逆の立場なら追いそれ真似できない…女は強し

最初は見ず知らずの男と「売」目的では無く
撮影者とモデルで約束するが、お互い構える
能天気ならいざ知らず、身構えるのは当然だろう
モデルによっては
身分証明を提示して欲しいと言う
モデル画像が流れない為
撮影会でも言える事だが、流出に限らず問題が起きた場合は
撮影者側の自爆にもなりうる
既婚者とか肩書きがある人なら、尚更ダメージは大きい
見極めは難しいが、安易に個人情報を教えるのは
違った意味で、リスクは大きいと言えるだろう

友人は、比較的に問題も無く楽しんではいるが
素人モデルも撮影会モデルと同じような悩みになる
「撮影者さがし」
友人も最初は喜んで、野外とかホテル
色々な撮影に挑むが、だんだん飽きてしまう
度々「撮って!撮って!」とか連絡あるが
「今は金銭的に無理」「都合が悪い」などと言うしかない
一度、はっきり断ったら逆切れされ酷い目にあったとか
親しくなればなるほど、モデルの性格も金銭感覚も分かってくる
「普通に仕事してお金貰うのなんか足らないやん」
最初は良いこと言いつつ、撮影依頼をするが
人情が絡んで来ると、中々言い出せない
モデルの性格もあるが、撮影者の見切りは肝心と言える
友人に「紹介?」「どう?」と聞かれたが、今回はスルーした
人柱になった人の情報は、一番の近道だが
余裕が無いときは、気が進まない

WEB上での募集には、画像を貼り付けている場合と
テキストのみの募集がある
ある程度の年齢層は画像付き、身分を明かしたくない
また未成年と思われるモデルは、画像を載せない
撮影者側からすれば「どんなモデルか分からない」
「胡散臭い」と蹴ってしまうのだが
友人からすれば、当たりが多いらしい
実際、容姿が良いモデルはテキストが多いとか
画像修正して、募集しているのはよく見るが
重なるモデルが、いないのは確かと思えた
秘訣は「ヌードモデル」に拘らない
投資感覚か…なるほど

友人もある程度経験を積んで
今の撮影スタイルを楽しんでいる
モデル探しには苦労があるが
順調に進めば楽しさ倍増
遠方へ出かけ、風景の良い所で撮影したり
人気の無い山岳で撮影したり
ポートからヌード…
聞いてる限り、この病気?からは抜け出せないようだ
# by cool_kr | 2006-08-30 17:37

素人モデル

今まで色々なヌードモデルを見てきた
一流大学生 学校長の令嬢 都市銀行の受付 有名企業重役の令嬢…
応募の際は「?」と思ってしまう
やはり、抑え付けすぎれる反動らしい
昔なら高給=借金があり仕方なくと言う固定観念はあったが
今は疑問に思える事が多い
だが未だに、彼氏の借金の肩代わり/ホストに入れ込んでとかで応募は来る
撮影モデルの募集に関わらず、モデルと思えない女の子も来る
極端に太い細い/不細工/未成年
新人モデルが欲しい時に限って、連打される事もあった
モデルって意味分かってるの?
情けに負けて登録したが、結局予約は入らない
身体/顔のしみや崩れをレタッチ
必要以上に変えてしまうと、詐欺になる
目線を入れてても、明らかに容姿が悪そうなモデル
目は凄く可愛いのに、鼻口が不細工
会員ページでのお披露目は、撮影者に任せるしか他ならない
主催者のキャッチコピーにも問題はあるものの
前回にも書いたが、取り敢えず新人を入れなければならない
質の高さを売りにするか?珍獣撮影会と言われながらでも来るもの拒まずで行くか
他撮影会があるので、統計は取れないが10人中1人
まともなモデル応募があれば良い方である

スタイルに自信があっても
女の子が求めるスタイルを、必ずしも撮影者(男性)は求めていない
ダイエット中とか言って、細いのにまだ痩せようとする女性たち
必要なのは、やはり女性らしいふくよかなライン
死語になるのか「グラマラス」なモデル
プラス、人気になるモデルは童顔モデル
一度、綺麗な顔立ちで、胸はさほど大きくないが
19才/品がる/透き通るような肌/清楚で幼さが残るモデルに予約が殺到した
惜しげもなくハード撮影も出来るモデルだったので
まだかまだかと問合せも連日続いた
満員御礼 主催者の笑みは忘れられない
アングラー的ないい方では「ロリ○ン天国日本」
求められる願望モデルの一つには、成っている

街頭で配られる、高給アルバイト誌
フォトモデル募集とされ、ネット環境が無い女の子にとっては
モデル→ファッションモデルなどを楽観的にイメージする
社会の流れや、歯車に囚われずいる女の子は訪れやすい
逆に、普段からネット環境を持つ女の子は
今や個人流出がクローズアップされているので
高給=疑心暗鬼
分かったような口を叩いているが
本当のところは、個々の主観によるのが今の世の中なんだろう
また、登録モデルの友人を誘ったり
在籍が長くなるモデルは、撮影会というビジネス(手助け)に入り込む

またプロダクション所属のモデル達も訪れる
撮影会モデルだけでは無く、AV/ネットモデルなど
それだけで食べられない、仕事が入らない
最初の頃は「可愛いから即採用」と安易に受け付けてしまう
小洒落たアダルトサイトをご存知だろうか?
綺麗/可愛い子達が、ハ○撮りなどのサイト
あの子達ほとんどが、プロダクションモデルである
脱ぐことには抵抗無く、しかも容姿端麗
現在進行形の業種を明らかにしない限り、採用するのは言うまでも無い
だが、しばらくすると問題がおきる
プロダクションからのクレームだ

二次登録禁止

撮影会モデルでも、よくある話だ
主催者からすれば、自分の女(モデル)が他の男の所へ出入りしている
器の小さい男なら、必ずしも思う感情だろう
私情を挟まなくても、同業種なら内部事情/売上げなど
知られたくない事=漏れを心配する
撮影者が多く訪れるところは、必然と指名も多くなる
だが「一番最初の登録したのはうちだ!」
何事も中途半端で、主催者も気難しい
訪れる撮影者も少ない
モデルは「儲かる方へ」「行き場を広げたい」本心だろう
暗黙のルールがあるにせよ
自分の技量を棚に上げて…そのものである
# by cool_kr | 2006-05-16 01:35

一杯のかけそば

今の関西は、ヌード撮影会が少なく、目だっては無いが
経験上、新規に撮影スタジオがオープンすると
必ず、半年も続かなく閉鎖する
これはとある主催者からの話だが、オープンする事によって
関西の表現になるのか「ちんころ」が何処と無く始まる
簡単に言えば、そのスタジオに誹謗中傷やら警察への密告
閉鎖に追い込まれる状態になって行く
強い主催者なら、なんとか踏ん張って対応するが
法的にひっかかる行い(表現)をしていれば、一発で追い込まれる
またスタジオを、マンションで行う場合は
賃貸なら、必ずと言っていいほど、閉鎖に追い込まれる
金銭的に続かない場合や、主催者の都合もあるが
関西は、この経緯によって消滅して行く
「誰が?」
所謂、独占欲や妬み等が関西の撮影会を駄目にしている
張本人は昔から囁かれてるが…伏せる
前回に戻るが、表現力の乏しさはこの表れである
スタジオ(賃貸マンション)を、地図として表したり
ハード撮影を強調したり、事細かく表したり
少しでも法に触れるような行いを見せれば、密告者の思う壷である
また雇用や税金(モデルの税務は?)風営法など、同業者を潰す材料はいくらでもある
応戦出来るスタジオは、武器がある主催者でなければいけない

色々な主催者を見てきたが
現役の主催者は「謙虚さ」が欠損している
需要が少ない商売なのに、つねに「ワンマン」だったり「客と思わない」
電話の応答が、自己中心的
客にクレーム付けられて、逆切れしてる
嫌味を言われて背を向ける
一方では
訪れる回数の多い撮影者/低姿勢/口答えしない等
尻尾をふってくる客に対しては、笑顔で接する
確かに、良い客ばかりでは無い
だが、客商売としてやって行くのであれば、自分の感情も抑える努力も必要でないだろうか?
端から見れば、まるで「子供」である
何故?理解しようとしない?つねに強気で聞耳たてないのが、関西人らしい

今、歯車をかけるかのように
定着つつある 「個人撮影」
モデルが単独又はグループとなり
ネットを使って撮影者を募集する、逆の場合もある
一昔では考えられないアルバイトである
私の撮影仲間は、スタジオへ行かなくなった
マージンや制約(主催者)を嫌い、直接取引きを行う
リスクは大きいが、ハ○撮り 野外撮影など
スタジオ撮影では考えられないような行為が出来る
同じ背景のスタジオより、自然光の入るホテル
ホテル業界も、閉鎖的な空間より開放的な空間を取り入れている
モデルが同じでも、また違った絵にもなる
またスタジオを持たず斡旋業を行う、闇業者
撮影者の行き場を、散乱させてるのも伺える


新人モデル確保に血を燃やし
経費云々より、撮影者を呼び込む
モデルと撮影者との人間関係で、ストレスを負い
水揚げを見ても、赤字が続いたり
風俗と一般業種の狭間で、右往左往したり
商売として「安定」を、求める業種では無いのは確かである
# by cool_kr | 2006-05-13 22:40